トップ / 葬儀における喪主と施主

葬儀における施主とは

普通一般的な葬儀では、喪主と施主を同じ人がつとめる形が多いようです。「布施する主」の意味で全てに関する金銭的面などでその会を実質とりしきって、責任を負い法要を営む際の主催者を総じたり事務的な手配をし運営する責任者のこと。配偶者の方が喪主をつとめ、長男や子供が施主をすることが多いようです。葬儀に関わらずあらゆる法要において、はっきりさせておくべきでそうしないと成り立ちません。ちなみに「布施」という字は「あまねく施す」と読み「広く皆へ平等に施す」という意味で、これが現在は「僧侶へのお礼」として使われています。

喪主と施主の違いとは

喪主とは遺族の代表として葬儀の中心になる者のことを言います。故人に一番近い人物、つまり長男や配偶者が務めるのが一般的です。そして施主とは「お布施をする主」という名の通り、かかる費用を負担して運営にあたる責任者のことをいい、金銭面でも負担がかかってきます。社葬などの場合は喪主を遺族が、施主を企業が務める場合が多いです。近年、通常は両方を兼任することが多く、その役割も混同されていることが多いです。しかしこれは個人葬儀の場合で、亡くなった主人の妻が喪主を務め、息子が金銭面を負担するというケースもあり地域や家庭環境によっても様々です。