トップ / 葬儀の流れと時間について

一般的な葬儀の時間について

一般的な所要時間と流れ、今回はお通夜についてです。時間的なものは裏方である葬儀社におまかせして、喪家側はこんな感じに行うという大体の流れを頭に置いておく程度にします。通夜開始は午後6時〜7時が一般的です。遺族・親族・係りの方は開始1時間前までには集合し、待合室で休むか早めに着いた会葬者の対応をします。開始15分前になったらまずは遺族・親族が入場着席します。その後参列者が入場し、着席し終わったら導師入場通夜開始となります。葬儀の流れとしましては、読経開始〜喪主・親族焼香〜会葬者焼香〜導師退場〜お斎となります。

目安として覚えていたい所要時間

葬儀というと告別式を思い浮かべる方が多いでしょうが、正確には通夜・告別式を併せたものを指します。では、それぞれの式にかかる時間ですが、まずは一般的な式の流れを、今回は仏式で説明します。式が開始するまでに遺族・参列者が着席し、進行係が式の開始を告げます。その後僧侶が入座し、読経が始まります。読経の間に遺族・参列者が焼香をし、経が終わり僧侶が退座すると式が終了します。告別式は、この後故人に最後のお別れをし出棺、参列者は見送りとなります。通夜式・告別式では儀式が多少異なりますし、参列者の数によっても前後しますが、葬儀は概ね1時間程度になります。