トップ

葬儀司会者の心得として

葬儀司会者としての心得をいくつか紹介します。1・「自分」は出さないようにします。2・常に相手の立場になっての声のトーン、言葉遣い、敬語、顔の表情、立ち居振る舞いをします。3・コメントは台本を見ながら確実に、ナレーションは心を込めて読みます。4・音響にも気を配ります。自分、導師のピンマイク、喪主・弔辞用のマイクです。5・どんな方に対しても相手に合わせた対応をします。6・仏具や仏教用語を覚えておきます。7・勝手な判断はせず、担当者に必ず相談してから支持を仰ぎます。8・葬儀にハプニングはつきものですので、そんな時に役立つのが知識と経験です。更に大事なのは信頼関係です。担当者やスタッフ、お客様、お寺院に助けて頂くこともあります。

葬儀を栃木で行うならこのサイトがお役に立ちますよ。
故人や家族の意思を大切にしたお式です。料金も明瞭で安心です。ゆっくりとお別れができますよ。

お葬式の司会を務める際の注意点

お葬式や告別式は厳粛な儀式なので、滞りなく進めるためににも進行役の司会者が必要です。この役をする人は儀式の進行次第を熟知していなければならず、喪主や遺族、僧侶、世話役代表などとの綿密な打ち合わせが必要になります。役にあたっては余計な言葉を挟んだり、軽率な行動は慎むべきで、儀式を遅滞なく進めるために慎重であることが大切です。また、注目される立場にいるわけですから、服装や言葉、動作、姿勢などに十分に注意を払わなくてはなりません。また、お葬式や告別式の場合、結婚式と違って自己紹介をしないのが一般的です。葬儀の司会、進行役は儀式についての知識や言葉遣いなど、難しいことが多いので、適任の人が居ない場合は、葬儀社に依頼する方が無難です。